さえきみすぐ(24)

大学卒業後、携帯電話の販売代理会社に正社員として就職。某キャリアショップの店員として働き始める。しかし、職場の人間関係と仕事で覚えることが多くて変化が激しいのがイヤで三ヶ月後に退職。無事無職となる。その後三ヶ月間ニート生活を送り、布団から出ずにずっとスマホをいじって1日を過ごすことも多々あった。

しかしニート生活を続ける十分な貯金がある訳ではなく、家計が逼迫してきて焦り始め、就活を再開。

前職は販売職ゆえグレーなところも見てきたので、今度はお客さまと自分双方に利益があるwin-winな関係を築ける仕事をしたいと考える。そこで目をつけたのが外食業界だ。

大手外食チェーンの求人を求人サイトで見つけて応募すると面接はトントン拍子に進み、まだ卒業して日が浅いということで新卒として採用してもらえた。

しかし、外食。よくネットとかできつい業界ランキング上位常連の外食業界。クチコミ通り、ヤバかった。本社で研修を受けたあと地方の店舗に配属されたのだが、勤務初日に店長から「この会社ブラックだから」と言われた。仰る通り、ブラックのようでした。まず店長は休日があるの?って感じだった。休むと店舗の回転率などに支障をきたすようであまり休んでなかった。店長はサービス残業もバリバリしていた。

「このままだとヤバイ、自分もこうなる」
と思い、二ヶ月ほどで退職。この時はたくさんの上司にあたる方々に引き止められた。

そして無職に戻ったわけだか、1つ問題が。
住んでいた場所が社宅で2週間後には出ていかなければならない決まりだったのだ。

そこで住む場所を求めて決めた進路が住み込みのリゾートバイト。海の近くのホテルでレストランスタッフを三ヶ月やる。これはとてもきつかった。住む場所を確保できたとはいえ、宿泊場所はかなりボロいプレハブ小屋。風呂・トイレ・洗面所・食堂は共用で、壁が薄く隣の部屋の生活音丸聞こえ状態。
そんなところにいると悲しみがガッと襲ってきて、「ついに僕もこんなところにまで落ちてしまったか」と、勤務初日と2日目はこれからの将来への不安と今までの後悔でガチで泣いた。
しかし、契約満了までの三ヶ月間何とか必死に頑張った。ここ数年で一番やりきったことだと思うし、今振り返ってみると良い経験をしたなーと思う。

リゾートバイトを短期でやってたのでメリットや大変だったことを語るよ!

その後も派遣社員として事務やコールセンターの仕事をやる。しかし、1年以上同じ職場で働いたことはない。最長、就業期間半年。人間関係につまづきやすく、豆腐メンタルで嫌になったらすぐ辞める性格です。
現在は派遣でコールセンターで働いています。電話怖いし、仕事ができなくて辛い。

派遣で契約期間中だけど辞めたい?人間関係とかで嫌になったらすぐ辞めても大丈夫だよ!

あと、小学生のころから強迫性障害という障害を持っています。確認行為を何度も何度も繰り返すことが日課です。些細な事でもとにかく確認しないと不安で仕方ないという厄介な障害だよ。

子供のころから強迫性障害を抱えてきた。自分の体験談


何かつらいことに遭遇したとき、僕は同じような経験をしている人がいないかネットで検索する癖があります。自分と似たような境遇の人がいると励まされるんですよね。だから、僕も自分の経験を文章化してブログで発信することで、苦しんでいる誰かの励みになればいいなと思ってます。
よろしくお願いします!